TOP 話したくなるワインネタ 【ソーヴィニヨン・ブラン】テロワールでどう違う?主要産地別の品種ワインの特徴
話したくなるワインネタ

【ソーヴィニヨン・ブラン】テロワールでどう違う?主要産地別の品種ワインの特徴

2021.10.11

ワインの原料となるのはブドウ。品種ごとに様々な特徴があり、ワインの香りや味わいを生む大事な要素となります。

そして、ブドウは農作物。工業製品ではないので、育まれる土壌や気候などの影響をダイレクトに受け、毎回同じものが作られるわけではないので、当然ワインにもその影響が及びます。

様々な要素をすべて把握するのは一朝一夕にできることではありませんが、同じブドウ品種のワインでも産地ごとにどんな特徴があるかを大まかに知っておくことは、自分好みのワインを選ぶためにとても役に立ちます。

今回のテーマ品種は、ソーヴィニヨン・ブラン。白ワイン好きには欠かせないこの品種の主要産地ごとに、ワインの香りや味わいの特徴をお伝えします。

まずは、品種自体が持つ主な特徴から確認していきましょう。

ソーヴィニヨン・ブランの主な特徴

シャープな酸のあるワインを造る品種の代表でもあるソーヴィニヨン・ブラン。爽やかな青空のもと、視界一面の草原の中を元気に走る…そんなイメージを抱かせる品種と言えるでしょう。

品種そのものについての情報を、まずは整理しておきましょう。

ソーヴィニヨン・ブランのルーツと歴史

ブドウ品種は交配によって新たなものが生まれますが、ソーヴィニヨン・ブランの片親は「サヴァニャン」というフランス東部の品種であることが、最近のDNA解析で判明。以前はフランスのボルドー地方が原産地と考えられていましたが、DNA解析に基づく研究では、ロワール地方が原産という説が有力のようです。

また、ソーヴィニヨン・ブランとカベルネ・フランの交配で、国際品種の黒ブドウとして最も有名なカベルネ・ソーヴィニヨンが生まれました。

ソーヴィニヨン・ブラン由来の風味

産地によって異なる風味については、後ほど詳しくご紹介しますが、品種由来の主な特徴としては以下のようなものが挙げられます。

香り ハーブ、青草、グレープフルーツやレモンなどの柑橘類
味わい 爽やかでキレのある酸味、心地よいレベルでの苦み

ミントや青草などをイメージさせる香りは、メトキシピラジン(2-イソブチル-3-メトキシピラジン)という化合物に由来するもの。冷涼な気候の地域で作られたものや、未熟なうちに収穫されたブドウから醸されたワインに、よく現れるとされています。また、使用される酵母の働きによっても、風味は大きく変わってきます。

国際品種の白ブドウでソーヴィニヨン・ブランとともに人気を誇るシャルドネは、品種そのものに由来する風味というものはあまりなく、気候風土や造り手の製法によって変幻自在。「染まりやすい無個性」が個性と言えるシャルドネについては、何が違うの!?フランスの「シャルドネ」とカリフォルニアの「シャルドネ」をチェック!

それでは、ソーヴィニヨン・ブランの3つの主要産地別に主な特徴を紹介しましょう。

フランス・ロワール地方

ソーヴィニヨン・ブランの原産地と言われるのが、古城が建ち並ぶフランスのロワール地方。中央山塊から大西洋へと流れるロワール河の中流から上流にかけてのエリアで多く栽培されています。

AOCワイン「サンセール」や「プイィ・フュメ」などを造り出すこのロワール地方は比較的冷涼な地域で、熟した南国フルーツのニュアンスはほとんどなく、ハーブやレモン、青リンゴなどの爽快な香りが主体です。

2018 サンセール・ラ・ムシエール/アルフォンス・メロ
産地
フランス・ロワール地方
品種
ソーヴィニヨン・ブラン
タイプ
ミディアムライト辛口 白

また、石灰岩やシレックスと呼ばれる土壌があり、味わいはシャープな酸味に加え、舌をキュッと締めつけるようなミネラル感やスモーキーなニュアンスを感じるものも多くあります。

2015 ブラン・フュメ・ド・プイィ/ディディエ・ダグノー
産地
フランス・ロワール地方
品種
ソーヴィニヨン・ブラン
タイプ
フルボディ辛口 白

フランス・ボルドー地方

以前は原産地と言われていたフランス・ボルドー地方では、セミヨンやミュスカデルとのブレンドで造られることが多く、骨格がしっかりとした味わいのものが多くあります。

ハーブやグレープフルーツの香りとともに、熟成が進むと茹でたアスパラガスのような香りが出てくるものも。また、樽で熟成させているタイプが主流で、酸味や果実味にも丸みがあるので、飲みごたえがあるソーヴィニヨン・ブランのワインを飲みたいという方は、ボルドーがおすすめです。

2017 シャトー・カルボニュー・ブラン/シャトー・カルボニュー
産地
フランス・ボルドー地方
品種
ソーヴィニヨン・ブランほか
タイプ
ミディアムフル辛口 白

ニュージーランド

ニュージーランドではソーヴィニヨン・ブランが最重要品種と位置付けられるほど栽培が盛んです。ブドウ畑のおよそ2/3を占めるとも言われていて、南島のマールボロがその中心地となっています。

清涼感に満ちた香りが最大の特徴で、刈りたての青草やフレッシュハーブをイメージさせるワインが基本。グレープフルーツやパッションフルーツのような果実味も豊かで、いきいきとした酸味とフルーティーさを感じることができるものが主流です。

2020 プライベート・ビン・ソーヴィニヨン・ブラン/ヴィラ・マリア
産地
ニュージーランド
品種
ソーヴィニヨン・ブラン
タイプ
ミディアムライト辛口 白

ただし、個性を求めたものや高級ラインのワインには、樽熟成や自然酵母などで複雑な風味を加えたタイプもあります。

2018 マヒ・マールボロ・ソーヴィニヨン・ブラン
産地
ニュージーランド
品種
ソーヴィニヨン・ブラン
タイプ
ミディアムライト辛口 白

カリフォルニア、チリ、オーストラリア、南アフリカでも人気!

ソーヴィニヨン・ブランは、様々な気候風土でも割と栽培がしやすく”懐の広い品種”と言えるかもしれません。あまりに気温が高い産地だとブドウの糖度が早くに上がりすぎてしまうため質の高いワインはできませんが、3つの主要産地以外にも、カリフォルニア、チリ、オーストラリア、南アフリカといった地域では人気の高い品種となっています。

チリ、オーストラリア、南アフリカは、海からの冷たい風を受ける畑や、ボルドーと同様の海洋性気候と呼べる地域があり、ソーヴィニヨン・ブランの栽培、そしてワイン造りが近年広まっています。

2017 ソーヴィニヨン・ブラン・セミヨン/ヴァス・フェリックス
産地
オーストラリア
品種
ソーヴィニヨン・ブラン、セミヨン
タイプ
ミディアムライト辛口 白

カリフォルニアでは樽熟成させたものも多く、ソーヴィニヨン・ブランはフュメ・ブラン(香ばしさのある白)とも呼ばれ、料理とも相性の良いワインとして愛されています。名付けたのは、“カリフォルニアワインの育ての親”と呼ばれるほど有名な生産者、ロバート・モンダヴィだとか。そのマーケティング手腕はさすがです。

2017 ソーヴィニヨン・ブラン/ジョセフ・フェルプス・ヴィンヤード
産地
アメリカ・カリフォルニア州
品種
ソーヴィニヨン・ブラン
タイプ
フルボディ辛口 白

ソーヴィニヨン・ブランのワインは、シーフードや野菜の料理との相性が抜群。和食に合う白ワインでもありますので、色々と産地別で飲み比べながら、自分好みのものを見つけてみましょう。

 

Share this post...
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
WINE@MAGAZINE編集部
すべてのワイン好きのために、東奔西走!ワイン初心者のお悩みを解決したり、ワイン通のためのお役立ち情報を取材したり…と、ワインの世界を日々探究中。plus wine, precious life!
2021年10月11日
「ヴィンテージ」って、結局どういうこと?今さら聞けないワインの常識を学ぼう。
2021年10月11日
【ハロウィン】はドクロのワインで乾杯!ポップなアートラベル厳選10本
弊社WEBサイトをご覧いただきまして、ありがとうございます。
ご意見・ご相談など、お気軽にお問合わせください。
お問合せ内容の確認後、担当者よりご連絡させていただきます。
WEBサービス内で展開する複数のコンテンツにご執筆いただけるライターの方も募集しています。
お問い合わせフォーム