TOP ワインが進む最強レシピ 【チーズオムレツ】簡単だけどワインに合う!プロ直伝のレシピ
ワインが進む最強レシピ

【チーズオムレツ】簡単だけどワインに合う!プロ直伝のレシピ

2021.3.18

家でもおいしくワインを楽しみたい!そこに、ピッタリ合う料理やつまみがあれば、家飲みはグッと楽しい時間になります。

そこで、簡単だけど、ちょっとプロのコツも交えた“ワインのアテ”のレシピを、チーズプロフェッショナルの資格を持つ“呑兵衛エディター”の佐野嘉彦がご紹介。ついつい誰かに語りたくなっちゃうようなウンチクやペアリングのワインを選ぶコツも併せてお教えします。

今回のレシピは、チーズオムレツ。家で余りがちな食材も活用すれば、いろいろなバリエーションでワインも楽しめます。

■レシピ・撮影協力:ヴェネツィア料理酒場 Gli Scampi
■コンテンツ協力:イタリアチーズ通信講座

材料(1〜2人分)

・お好みの野菜 70〜80g(今回は大きな白アスパラガスを2本使用)
・卵 3個
・ベーコン 30g
・玉ねぎ 1/2個
・お好みのチーズ 60g(今回はアズィアーゴというチーズを使用)
・黒胡椒 少々
・オリーブオイル 適量

作り方

[1] 野菜は2〜3cm大に、ベーコンとチーズ(50g程度)は粗みじんに切っておく。玉ねぎはみじん切りにし、半透明になるまでフライパンで炒める。

[2] 卵と[1]の具材、黒胡椒をすべてボウルで混ぜ合わせ、油をひいた小さめのフライパンで軽く混ぜながら、中火で形を整える程度まで焼く。

[3] 耐熱の皿に移して150℃のオーブン(トースター)で3〜4分焼き、仕上げに残りのチーズ(10g程度)を削りおろせば完成。

知っておきたいポイント&失敗しないコツ

今回のチーズオムレツは、イタリア・ヴェネト州のバーカロ(酒場)で楽しまれている小皿料理(チッケッティ)からアレンジ。イタリアではオムレツのことを、フリッタータと呼びます。いわゆる“スペインオムレツ(トルティーリャ)”にも似たオムレツです。

具材の野菜は、下茹でしたグリーンアスパラやジャガイモ、枝豆、パプリカなどもおすすめ。また、ベーコンの代わりに、生ハムやコンビーフ、スモークサーモンを使ってもおいしく作れますし、マッシュルームなどのきのこ類も定番具材です。

チーズは、塩気とうま味が十分にあるハードタイプのチーズを。今回は特別にアズィアーゴというヴェネト州特産のチーズを使いましたが、パルミジャーノ・レッジャーノやグラナ・パダーノもおすすめ。チーズの品揃えがそこそこあるお店なら売っているチーズですし、保存も効きます。粉チーズやプロセスチーズを使っても作れますが、おいしいワインのアテを目指すなら、チーズ選びは妥協せずに。そこが大きな分かれ目になります!

ふわっとマイルドな味が好みという方は、生クリームや牛乳を30〜40ml加えてもOK。その場合は、塩もひとつまみプラスして、味わいを調整しましょう。

おすすめのペアリングワイン

卵やチーズのうま味と協調させながらおいしさを増幅させるには、ボディ&酸がある白ワインがおすすめです。同郷のイタリアで合わせるなら、アパッシメント(陰干し)や樽発酵などをさせたソアヴェ・クラシコや、リボッラ・ジャッラ種のワインがとてもよく合います。

2014 ソアヴェ・クラシコ・ラ・ロッカ
産地
イタリア・ヴェネト州
品種
ガルガーネガ
タイプ
ミディアムライト辛口 白

また、オムレツの具材に合わせるのもコツ!

グリーンアスパラや枝豆などの青い香りのある野菜をメインにしていれば、ソーヴィニョン・ブランのワインが合いますし、生ハムやベーコンなどの肉類を多めに入れて作るなら、ランブルスコ(微発泡の赤ワイン)やバルベーラなど、酸味がある軽めの赤ワインという選択肢もありです。

2017 プイィ・フュメ・ドメーヌ・デ・ファン・カイヨ
産地
フランス・ロワール地方
品種
ソーヴィニヨン・ブラン
タイプ
ミディアムライト辛口 白
NV ランブルスコ・グラスパロッサ・ディ・カステルヴェートロ・セッコ
産地
イタリア・エミリア ロマーニャ州
品種
ランブルスコ・グラスパロッサ
タイプ
ライトボディ辛口 赤(微発泡)

味わいのマトリックスからワインを探す!

具体的なワインを探すなら、味わいのマトリックスを活用するのも効果的。自分好みのペアリングワインを探してみましょう。

■ワインのマトリックスは こちら

ワインのタイプ別のマトリックスがあり、酸味、フルーティ感(果実味)、渋みや苦味などのポイントから、より具体的なワインを探せるようになっています。

 

Share this post...
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
佐野 嘉彦
WINE@MAGAZINE編集長。 ニューヨーク発祥のレストラン評価ガイド『ZAGAT』日本版の編集マネージャー、ワインスクールでの講師、料理通信社での勤務、チーズに特化したWebマガジンの編集長を経て、現在「sembrar(センブラール)」を屋号とし、食を中心とした情報発信を行っている。JSA認定ワインエキスパート、NPO法人チーズプロフェッショナル協会幹事、Guilde Club Japon認定コンパニョン・ド・サントュギュゾン、フランスチーズ鑑評騎士(シュヴァリエ)。
2021年3月18日
簡単レシピ付き!【チーズアシェット】&ロゼワインで、大人のひな祭りを
弊社WEBサイトをご覧いただきまして、ありがとうございます。
ご意見・ご相談など、お気軽にお問合わせください。
お問合せ内容の確認後、担当者よりご連絡させていただきます。
WEBサービス内で展開する複数のコンテンツにご執筆いただけるライターの方も募集しています。
お問い合わせフォーム